スマホを利用した仕事術

いわゆるガラケーと呼ばれる携帯電話に対して、スマホは単なる通話・情報交換ツール以上に成長しました。
以前はスケジュール帳とノートパソコンがビジネスを行うための必須アイテムでした。
しかし、さまざまな専用アプリが出現し、スケジュール管理はもちろん、プレゼン用資料から文書作成・表計算まで、すべてスマホで処理することが可能となりました。
会議を行うに当たっても、無料のビデオ通話アプリを使えば、スマホで仕事がいつでもどこでも行うことが出来ます。
端末自体の画面も以前に比べて大型化の傾向にありますので、専用のキーボードを使えばメール作成も以前より容易です。
ノートパソコンでWEBを閲覧しながら仕事をしなければならない場合であっても、スマホ自体をルーターとして利用出来るテザリング機能を使用すれば、時間と場所を選びません。
利用料金についても、機能は限定されますが、低価格で使用できるサービスも最近増えてきました。
自身の業務形態と利用頻度に合わせた機種を選択できる幅が広がっています。

スマホを仕事に役立てよう

プライベートに欠かせないスマホですが、仕事を円滑に進めることにも役立ちます。
特に重要なスケジュール管理には役立ってくれるはずです。
いつも持ち歩いているスマホなら、急な予定変更にも対応しやすいからです。
また、パソコンなどと同期することでいつも最新のスケジュールに更新することができますから、予定がこまめに変化する人は手帳などよりもスマホを利用することをおすすめします。
また、仕事上の書類などを出先で閲覧したいときなどにも役立ちます。
大きなカバンにすべての資料を詰め込んでいかなくても、スマートフォンで閲覧できるようにしておけば荷物も少なくて済むうえ、忘れ物もなくなります。
紙の資料を減らすことにも役立ちますから、エコに貢献できるともいえます。
こうした形でスマホを仕事に積極的に役立てていきましょう。
その際には情報が漏れないよう、パスワードなどを設定しておくなど自衛策をとることも忘れないようにしましょう。

pickup

2016/11/2 更新